スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンダレーヒル。

DSC05445.jpg

丘全体が仏教の聖地と言われる、マンダレーヒル
標高326m。
こんな参道を延々登り、しかも裸足!
ミャンマーでは、色々なとこで靴をぬがされ、裸足で歩かないといけないので、
足裏が大変な事に!
でも、裸足でガンガン歩くのも(暑気じゃないし)気持ち良し♪

しかーし、何日もいて裸足で歩きまわると、しまいには只のシャワーでは、
ゴシゴシ洗っても、取れないびっくりな足裏に!
ほぼ一緒に行動してた、にぃさんも最後の辺に
「足の裏がさ~洗っても取れないんだけどさ~。」と同意見。

なので、マッサージに行くと、うつ伏せになると、
足裏を見られるのが私は、恥ずかしくて恥ずかしくて。。
今では、さすがにキレイになりましたけど(笑。

怪しさ満点?!のマンダレーヒル。
長いので続きから→
スポンサーサイト

→続きを読む

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

アマラプラの夕陽。

DSC05300.jpg

ミャンマーの夕陽すごくキレイというし、凄く楽しみだった夕陽。

ウーベイン橋。
160年以上前にかけられた木造橋。その全長1,2キロ!
行きは歩いて、夕陽が沈む帰りはボートで。
DSC05305.jpg

めちゃキレイ!
しかも、ボートのおっちゃん。
いいポイントでずっと停まっててくれたり、夕陽が沈むまで乗せててくれるし、
安いのにサービス満点。
11_20100218235007.jpg

実はマンダレー、来る気はなかったんです。
ヤンゴンからバガンへ行くつもりが、夜行バスのチケットに空きがなく、
しょうがなく、急きょその先のマンダレーに来たわけで。。
でも、この橋と夕陽を見た時、マンダレーまで来てよかった!!と大感動。
別にマンダレー1回くれば私には、十分な感じに思えたけど(笑。
この橋には、もう一度きたい!と思えた地でした。

DSC05335.jpg

そして夜は、朝も出会った同じ宿に泊まってた、にぃさん(写真センス抜群のお方!)
も加わり3人でゴハンへ。
近所の中華やさんだったけど、美味しくって大満足。
その後は、マッサージへ。
他のアジア諸国と同じように、ミャンマーもマッサージが安いんです。数百円♪

マンダレーの夜は、街灯もほとんどなく暗いし、昼間の喧騒がウソみたい。
(マッサージ終わったのも、23時過ぎてましたし。。)
方向音痴な私は、絶対迷子になりそうな道だし、
結構安全なミャンマーといえど、一人だったら私はさすがに怖く感じただろう。。
でも、今回は頼りがいのあるにいさん達いたし、全然平気で歩けたけど。
おかげで、マンダレーも大満喫。

 にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ ←よろしければポチッと、お願いしまーす。ありがとうございます(*'ー'*) ♪

→続きを読む

マンダレー郊外へ。

早朝、マンダレー到着後、バスで出会った奈良のにぃさんと、タクシーをシェアして、まずは宿へ。
何とか空き部屋2つゲットでき、ダラダラした後、車をチャーターし郊外の町へ。
DSC05099.jpg

ザガインヒル。眺めよぉーし。

宿は安宿なので、もちろんエレベーターなし。
部屋探しの為、何度も階段登りぐったりなのに、ココの頂上まで登らされ、ぐったり。。

車のチャーター、あらかじめ確認しないとザガインヒルの麓の階段で降ろされ、
頂上まで歩かないといけない事も。。とガイドブックにありましたが。。
下調べも、ガイドブックをよく読みもせずの私たちは、やられました(笑。
そん時も登りたくなかったから、車であがってよ~と言うも、
この車では、あがれないんだと。。
ちゃんとした普通車のタクシーじゃないとパワーがない??
まー相場より、安くチャーター出来たしいいんですけどねっ。

それに、待ち時間にドライバーのにぃちゃん車の下に潜って修理してたし。
うちらが頂上から降りてきたら、慌てて片付け何事もなかったように運転してたし。
途中で終わって?!大丈夫??だったけど(-"-)。
DSC05145.jpg

頂上にはこのお方。後光の?ネオンが輝いておりました。。
DSC05129.jpg

このお方は反省中?!
DSC05189.jpg

暇そうなお坊さん達に遭遇。
食べろと食べかけの寒天みたいのやサラダを。
生温かそうだし、お腹壊しそうですけど。。
DSC05138.jpg

物見等。傾いてますよ(-∀-)。
実は地震で傾いたようで、歩き方にも「一応安定してるので、あがれる・・」等。
一応って(笑。
でも、登りましたけど。高所恐怖症なんで、途中までですけど。。
DSC05217.jpg

学校のようなとこで。
大きな物体??と思いきや、お坊さんが子供にマッサージをさせてました。
私たちに気付いたのか、暫くすると起き上がり、2,30人くらいいた子供たちに、
ちゃんと勉強しろよー!みたいに、先生風ふかしてました。
さっきまで、寝てたくせに。。。(笑。
DSC05191.jpg


 にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ ←よろしければポチッと、お願いしまーす。ありがとうございます(*'ー'*) ♪

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

先だし。。

DSC05078.jpg

ネパールとかでもそうだったけど、遺跡とか世界遺産とかでも、
現地の人普通に洗濯物並べたり、こんな状態多し。。(-∀-)。
DSC05114.jpg

でも、このカタ屋根付き!
DSC05097.jpg

仲良しじゃーん♪と思ったのもつかの間、すぐ横取りするなと怒られてました?!
DSC05165.jpg

ミャンマー着後、2日目のおまけ編ですが、先だしに。。


 にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ ←よろしければポチッと、お願いしまーす。ありがとうございます(*'ー'*) ♪

ミャンマーのバス事情。

さてさて、ミャンマーの旅。
ヤンゴンに到着したものの、そこから夜行バスで10時間以上かかる町へ早速、大移動。

長距離バスの発着場まで、タクシーで40分くらいで、約600円。
でも、ローカルバスなら8円と!
なので、もちろんバスで♪
停留所といっても、あっという間に出発してしまうバス達。
どのバスの乗っていいかわからず、アウンミンガラーのバスセンターに行きたいんですけどぉ~と、
そこらのミャンマー人に聞くものの、????と。

とりあえず、ほんとにこのバスであってるのか、半信半疑になりながら教えてもらった
バスに揺られ1時間。
座席の背もたれなんて、なかったり、シートのクッションなんて、
ただの布キレ状態。何十年動いてるんだろう。。。
こんなになっても、現役なんて、バス冥利につきますね~とある意味感心!(-∀-)。

まーバスに限らず、ミャンマーでは、2、30年前とかの車が普通に、そこら中走ってましたけど。
スピードメーターも、ガソリンのメーターも、当たり前のように動いてませんでしたし。。

DSC05072.jpg


なんとか無事に、バスセンターに到着。
みんないったいどこ行くのさ??というくらいの、おびただしいバスの数々。

ミャンマーの長距離バス。
これまた壊れそうな、隙間風びゅーびゅーのオンボロバスだろうな。。。と、覚悟しながら行ったけど、
想像よりはるかに素晴らしいバス。よかったぁ。。

でも、音楽ガンガン、冷え冷えエアコン、夜中の検問?!に、ちょっぴり負けた気分。

花北交通さん、バスはミャンマーで頑張ってますよ~(-∀-)。
DSC05073.jpg

見覚えのあるバス発見!!
名古屋の市バスです。
しかも、マンダレー空港内で、飛行機への移動バス。
ここに数台あり、ヤンゴン市内でも発見したし。。
DSC05558.jpg

ちゃんと名古屋市の、ロゴマーク「八」もご健在ですよー。
しかも、中古車じゃなくない?新車でミャンマーに??というくらい、綺麗でした???
DSC0555.jpg


これまた見覚えありありバス!
名鉄バス! 
RIMG0190.jpg

ミャンマーでは、日本の中古車がいっぱい走ってるとは知ってたけど、
まさか、こんな身近なバス達まで、大活躍とは。。。(笑。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ ←よろしければポチッと、お願いしまーす。ありがとうございます(*'ー'*) ♪

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

涙のお別れ。

RIMG0843.jpg

やっと旅の最終日まで、たどりつきました。
1年以上かけて綴ってましたが、たった10数日の旅だったんですけどね(-_-;)。
内容が盛りだくさんで、中身の濃い旅で。。。と言い訳?!
RIMG0858.jpg

最終日は、paeとNiickyと、paeのお姉さんと4人で、車でアユタヤへ。
RIMG0875.jpg

そして、なんと前日のバンコク市内でもですけど。。
黒塗りの車で運転手さんつきで、観光。

めちゃ美人のタイ人のお姉さん、日本人の社長と結婚され、お姉さん専用で、
車と運転手さんがいるんです。
その車で、アユタヤ観光なんですけど。
運転手つきなので、遺跡の前に車を横付け。

見終わると、またどこからか黒塗りの車が、ずんずんと向こうからやってきて、横付け。
日差しが突き刺さるくらいの暑さの中、すぐエアコンで快適な冷え冷えになってる車の中へ。
そして、また次の遺跡へ。

なんで、私こんなV.I.P.な旅してるんだ??と、秘かに笑えてくるくらい(笑。
RIMG0929.jpg

ランチは、雰囲気のいい美味しいお店へ、連れて行ってくれて、お姉さんがご馳走してくれ。
ホント申し訳ないくらい、お世話になりっぱなし(;_;)。
RIMG0884.jpg

陽も暮れ、Pae宅へ戻り、またお庭のテーブルでお母さんの美味しいゴハンをご馳走になり。
RIMG0937.jpg

その日の深夜便で帰るので、シャワーをあびて、準備しなと言われ、帰る準備を。
Paeのお母さんも、またおいでねと言ってくれ、気のきいたお礼も言えず、
私は「コンプークーカー」(ありがとう。)を何度も言うことしか出来ず。。。

9時すぎに、Paeの車で、空港へ送ってくれ。
道中、時計の9という数字をみて、「タイでは、9はラッキーナンバーなんだよ。」と。
空港でお別れの時、私のノートに一言メッセージを書いてくれ、
出国エリアの前まで、送ってくれて、みんなとお別れ。
最後まで、本当に感謝感謝の旅で、私は涙でいっぱい。
RIMG0959.jpg

元旦の朝、ラオスからのスピードボートで偶然出会ったタイ人のみんな。
たった1泊のつもりで、軽い気持ちで返事したのに、結局何日も一緒で、
みんなの家を渡り歩き、お世話になった旅に。
どうなる事かと思ったけど、おかげでこんな旅は2度と出来ない、一番の素敵な旅に♪

一人旅で、たくましく?!旅の予定が、旅の後半はタイ人のみんなと一緒で、
私は、ひょこひょこ付いてくだけで、何だかんだ守ってくれたり、
かなり過保護な旅だったので、私はこれから一人旅出来るのか??とも思えた旅の終わり。

でもでも、今回の年末年始は、ミャンマーへ一人旅!
今回も色々出会いがあり、一人でいた時は少なかったんだけど。。
これまた素敵な旅に☆

とりあえず、長々ダラダラと綴ってました、2008年-2009年の年越しタイ&ラオスの旅終わります。
(秘かにかなり嬉しい。。。)
これから、2009年-2010年の年越しミャンマーの旅を。
次は1年かけて、ダラダラ綴らなくてもいいように、シャッキと更新に励む予定(-∀-)。
また、ミャンマーの旅編よろしければ、お付き合い願います♪


 にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ ←よろしければポチッと、お願いしまーす。ありがとうございます(*'ー'*) ♪

めちゃ美人のタイ人。

RIMG0799.jpg

いきなりしょぼくれ気味の、味のあるじぃちゃんワンコさんからですけど(-∀-)。

夜行バスでチェンマイから、バンコクへ。
早朝到着後、バンコクに家があるタイ人宅へ。
またそこのお宅も、見ず知らずの日本人の私にも、家族はみんなと同じように歓迎してくれ。
しかも、そこのお宅も立派なお家。
バスルームも2つあるんですけど・・・。

そして、そしてめちゃめちゃ美人な女性が!!
彼のお姉さんは、日本人男性と結婚して、今日は実家に帰ってきてるからとは聞いてた。
でも、日本人女性の顔立ちで、あれ??タイ人のはずなのに??
おにいさんがいて、日本人女性と結婚したの??と、ちょいパニック。
しかも、「はじめまして!」と日本語で言われるし。


長いので、つづきはこちらで→

→続きを読む

プロフィール

まち

Author:まち
旅のキロク、キオクの為に
polepole(スワヒリ語でゆっくりゆっくり)
綴ってます。

ブログランキング
  ランキングに参加しています。 ブログ更新の励みになります。 よかったらポチッお願いしまーす。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

カテゴリ
Favorite
小さな幸せ 続続・よいこの1日 アルバムの1ページ West Tokyo Today アジア旅行好きのおっさんブログ いちにち日記 NO TRAIL,NO LIFE 日々の穴 Meet You 心を写す 初心者(僕)のための英会話+中国語のお勉強
最新記事
お気に入り
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tripadvisor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。